カリスマオネエが教える
いい女のモテテク・セックステク

サイトマップ

いい女のモテテク

年齢を重ねてもモテる女のヒミツ

大人の美しさを左右するアレ

ハジけていた10代を終え、セックスも覚えて大人になり、そろそろ年齢が気になってきた女性のみなさんごきげんよう。

確かに若いってとても尊くて素敵なことだけど、大人の女性には大人の女性の魅力があるから心配することはないわよ〜。最近の30代40代なんてとっても若くて綺麗な人ばかりなんだから、きっと自分だってそうなれるって自信を持って!
ただ、素敵な大人の女になるにはちょっとしたコツがあるから、今日はバネッサ姉さんからそこんトコ学んでいってちょうだい。

まずね、大人に問われるのは間違いなく「」よ!ありのままの姿を可愛いと言われるのは20代までなの。30歳超えたら品のある女しか生き残れないわ〜。お〜こわ。

でも品ってどうやったら身に付くのかしら?しぐさや姿勢やマナーや教養などもあるけれど、手っ取り早いのは「末端の美」だと思うの。体の末端まで綺麗にしている女はそれだけで品があるわ。

具体的には、手足の爪、指、髪の毛の毛先、それに肘や膝なんかもそうね。若いころは放っておいても潤っていたこういう部分が、大人になると乾燥してツヤがなくなってくるの。だからこそちゃんとお手入れしていると美しい大人の女性って感じがするわよ〜。

シミ・シワ・たるみ・くすみ…いろいろ気になるのは分かけど顔のお手入ればかりしてるようじゃ、まだまだ品のある女とは言えないわね〜。

年齢を重ねてもモテる女のヒミツ

いい女になればいい男しか寄ってこない

「美は末端に宿る」「美は細部に宿る」という言葉もあるくらい、細かい部分のお手入れは大事なの。自分ではあまり目がいかなくても人からは見られているものよ〜。男性だって当然見てるわ。

例えばお買い物をするとき、同じ商品がたくさん並んでいてもその中から少しでも綺麗なものを選ぼうとするじゃない?箱の角が汚れていたり、糸が飛び出していたりするものって、中身は同じなのになんか買いたくないわよね?
人間だって同じで、「なんとなくこっちがいい」ってゆう心理はちょっとした差から生まれるのよ〜。

それに末端まで美しい女ってのは、自分に手をかけてるから「いい女オーラ」「高い女オーラ」が出るの。そんな女にはレベルの低い男は寄って来なくなる。つまりいい男にモテたいなら隅々まで綺麗にしなさいってことよ!

あ、勘違いしないで欲しいんだけど、「美意識が高い」のと「若作り」は全く違うモノよ。いつまでも10代や20代に見られようと必死な女ほどイタイものはないわ〜。若作りにならないように年齢なりの自然な美しさを身に付けてね。

石田ゆり子さんと渡辺美奈代さんは同い年だけど、どちらが年齢なりの自然な美しさかって考えたらすぐに分かるはず。(実名を出しちゃって申し訳ないわ…。)

分かったらさっそく足の指毛のお手入れでもしなさい(笑)!